名刺は重要な広告媒体

社会人に出て、仕事をすればする程、名刺の存在の大きさ、大切さを感じる機会が多くなるのではないでしょうか。名刺によって初めて人と人が繋がり、相手の顔が見えてきます。もちろん、ビジネスシーンのみならず、名刺はいろいろな役割を担っており、その効果を最大限生かす為にも、渡す人の工夫や努力によって、その名刺の力も大きく変わってくるアイテムだということを認識する必要があります。

名刺名刺とは、相手に渡す「自分の分身、顔」であり、その人格が名刺に現れます。つまり、自分をアピールする絶好のツールとして欠かせないアイテムということになります。「自分の広告」として、最初に必ず受け取ってもらえるというメリットがある為です。しかも、自分の手で直接渡すことができますので、相手に大きな印象も与えることになります。その絶好の機会を、たかが名刺交換と、適当にしてしまうと、せっかくのプレゼンテーションのチャンスを失うばかりか、相手に何のインパクトも与えることができずに、効果のない残念な結果になってしまいます。

最近では、ビジネスシーン以外にも、ママ友同士でのコミュニケーションツールとして使用されているほか、異業種交流会の場、友達の繋がりを広げるツールとしても名刺は活用されています。データでやりとりできる現代において、ペーパーレス化が進んでいる昨今、何故「紙の名刺交換」の役割が昔以上に大きくなっているのでしょうか。ここでは、名刺交換の意味、活用方法、作成の仕方等紹介します。

Pocket